スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人研修はつらいよ!1-2「遅刻を叱る!その2」

(前回の続き)


寝坊して遅れてくる新人2人を、
他の新人50人と一緒に、
研修室でじっと待つ私。

腕を組み、
顔つきがだんだんこわばってきます。

自分でもはっきりとわかるほど、
心臓はどきどきし、口の中が乾き、
緊張が極限まで達してました。


やがて、遠くから、
廊下を走ってくるくつの音が、
だんだん近づいてきて、
研修室のドアが、
なにかの始まりを告げるかのように開きます。



「すみませんでした!」

走ってきた2人が、
研修室に入るなり言い、
下を向いたまま自分の席につこうとした、
その時でした。


「ばかもの!
何時だと思っているんだ!
遊びじゃねえんだーっ!」


この突如出てきた、
自分でも想像もつかなかった言葉については、
後ほどお話するとして、
この時の私は頭の中が真っ白でした。


怒りと、大声を出したという、
恥ずかしさに近いやり場のなさと、
普段は割りと優しいイメージで通っていた(と自分では思っていますが)、
自分に対する新人たちの印象が崩れ、
自分のそれまで築いてきたアイデンティティのようなものが、
目の前で崩れていくのを感じました。

その場から、いち早く逃げ出したかったのですが、
講義を放棄するわけにはいきません。


無理やり、に近いものがありましたが、
いつものように、顔に笑顔を浮かべ、
講義を始めました。


このときの、休憩までの1時間の長さは、
自分にとっては、
いい意味でも悪い意味でも、
貴重な体験となってます。


(まだ続きます)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Shinji

Author:Shinji
聴き方アドバイザー。なかなか自分のことを話す機会がない人たちの話を聴いていると、ある人は涙を流し、ある人は怒りだし、でも、最後にはしばらくだまって、本当の自分を受け入れだす人をみて感激します。人は皆、それぞれの小さな物語を持っていて、自分の存在意義を、人のことも自分のこともよく聴くことで気づくんだと感じています。企業で20年以上、様々な研修や人材開発に携わってます。人を育てることは、自分自身を育てることと同義だとつくづく感じております。私のつたない経験が、これから人を育成する方々に、そして、少しずつでも自分自身を受け入れながら、勇気を持って自分の人生を歩んでいきたいと思っている方々の人生に、少しでもたしになればこんなに嬉しいことは無いと思っています。薬剤師。TMA公認カウンセラー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロマガ購読者向けメールフォーム
メルマガ始めました!
メルマガ登録・解除
「聴き方」が人生を変える!ちょっとEお話
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。