スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「縁を生かす」 ちょっとEお話Vol.2

こんにちは。 Shinjiです。

メルマガですでにお届けしたちょっとEお話のVol.2です。




聴き方を変えることが、
人の人生を大きく変える力があることを、
改めて知らされるお話です。



「縁を生かす」


    「小さな人生論3」藤尾秀昭(致知出版社)


その先生が五年生の担任になった時、
一人、服装が不潔でだらしなく、
どうしても好きになれない少年がいた。

中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。


ある時、少年の一年生からの記録が目に留まった。
「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。
 勉強もよくでき、将来が楽しみ」とある。

間違いだ。
他の子の記録に違いない。
先生はそう思った。


二年生になると、
「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」
と書かれていた。

三年生では
「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りする」。

三年生の後半の記録には
「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」とあり、
四年生になると
「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子どもに暴力をふるう。」


先生の胸に激しい痛みが走った。


だめと決めつけていた子が突然、
深い悲しみを生き抜いている生身の人間として自分の前に立ち現れてきたのだ。


先生にとって目を開かれた瞬間であった。


放課後、先生は少年に声をかけた。
「先生は夕方まで教室で仕事をするから、
 あなたも勉強していかない?
 分からないところは教えてあげるから」


少年は初めて笑顔を見せた。


それから毎日、
少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

授業で初めて手をあげた時、
先生に大きな喜びがわき起こった。

少年は自信を持ち始めていた。


クリスマスの午後だった。

少年が小さな包みを先生の胸に押しつけてきた。

あとで開けてみると、
香水の瓶だった。

亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。


先生はその一滴をつけ、
夕暮れに少年の家を訪ねた。


雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、
気がつくと飛んできて、
先生の胸に顔を埋めて叫んだ。


「ああ、お母さんの匂い!
 きょうはすてきなクリスマスだ」


六年生では先生は少年の担任ではなくなった。


卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。


「先生は僕のお母さんのようです。
 そして、
 いままで出会った中で一番すばらしい先生でした」


それから六年。

またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。
 僕は五年生で先生に担当してもらって、
 とても幸せでした。
 おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます」


十年を経て、
またカードがきた。

そこには先生と出会えたことへの感謝と、
父親に叩かれた体験があるから患者の痛みが分かる医者になれると記され、
こう締めくくられていた。


「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。
 あのままだめになってしまう僕を救ってくださった先生を、
 神様のように感じます。
 大人になり、
 医者になった僕にとって最高の先生は、
 五年生の時に担任してくださった先生です」


そして一年。

届いたカードは結婚式の招待状だった。


「母の席に座ってください」
と一行、
書き添えられていた。



人は誰でも無数の縁の中に生きている。
無数の縁に育まれ、人はその人生を開花させていく。

大事なのは、与えられた縁をどう生かすかである。





人は他人のことを、
どうしても自分の感情の部分で判断して、
色眼鏡で見てしまいがちですが、
真実を見る目を持っていれば、
180度人の運命を変えることができると、
この先生の行動で感じました。

そして、
この先生の取った行動こそ、
自分の聴き方を変える、
ということではないかと思います。


この先生は、
はじめはどうしても、
少年のことが好きになれませんでした。


それは、
先生の色眼鏡で見ていたからでしょう。

服装が汚い、
だらしない、
という外見に目がいっていたからです。


でも、
これは私自身も普通にやってしまうことで、
もしかしたら、
この文を読んでいただいている方の中にも、
ついやってしまう方もいらっしゃるかもしれません。


この先生のすごいところは、
少年の抱える真実を知って、
自分の色眼鏡に気づき、
それを行動に出したことだと感じます。

誰しも、
時には真実を知らずに、
色眼鏡で見ていることがあるかもしれません。

しかし、
本当の幸せは、
自分の色眼鏡に気づいて、
それを変える勇気を持つことで、
得られるのではないかと、
このお話を読んで思います。


自分の色眼鏡にどうしたら気づくのか。

それは、
自分の聴き方を変えることではないでしょうか。

自分の聴き方とはなにか。

つまり、
自分の心の声を聴き、
そして人の心の声を聴くことだと思うのです。


自分のとらわれに気づくのは、
日常生活の中では、
とても難しく感じます。


とらわれていることすら感じていないことが多いと思うからです。


ではどうしたらいいのか。


その一つの方法が、
自分が嫌な思いや、
辛いことで悩んでいるとき、
または、
人のことを批判したくなったり、
自分に降りかかるネガティブなことを人のせいにしたくなったとき、
その自分の思いに気づく、
つまり自分自身の心の声を聴くことではないでしょうか。


人は、
他人から指摘されると、
つい逆らって、
素直に受け入れられないことがあると思います。


でも、
自分が意識して、
自分の心の声を聴くようにしていたら、
行動の変化を起こしやすいのではないでしょうか。


そして、
それが、
いつかは自分の本当の幸せにつながっていくような気がします。




先生の気持ちを素直に受け止め、
自分の人生を恨まず、卑屈にならず、
前向きに切り開いていった、
この少年も素晴らしい人間だと思います。


どうしてそんな小さな少年に、
こんなことができたのか、
と、つい考えてしまいます。


永平寺を建立した道元という方のお話があります。


道元が弟子から問われました。
「人間はなぜ成功する人としない人がいるのですか」

 道元「成功する人は努力するからだ。」
 弟子「努力する人としない人がいるのはなぜですか。」
 道元「努力する人は志があるからだ。」
 弟子「なぜ志がある人とない人が生じるのですか。」
 道元「志のある人は、人間は必ず死ぬということを知っているからだ。
    志のない人は人間が必ず死ぬということを本当の意味で知らない。
    その差だ。」


ローマの五賢帝の一人、
マルクス・アウレリウスも、
その著書「自省録」でいっているそうです。

 もう一人の人間は祈る。
 「どうか私の子供を失うことのないように」と。
 ところが君は「失うことを恐れずにいることができますように」と祈るのだ。

この方は、
自分のお子さん14人のうち8人を成人する前に失ったそうです。


人生で自分にとって大事な人を失ったとき、
その悲しみに耐え、もがき苦しむとき、
もしかしたら、
自分にとっての志が生まれるかもしれません。


その志を生かしたいと願う人に縁が天から降りてくるような気がします。


縁を生かして自分の人生を豊かにできるかどうかは、
縁を受けとめることのできる心、
つまり、
自分自身を素直に聴く心が必要だと感じます。


その心を育むのは、
周りに対する感謝の気持ちなのではないでしょうか。


この少年も、
お母さんを亡くしたという絶望の中でも、
先生の気持ちを素直に喜び、感謝し続けていたからこそ、
自分の人生を開花させることができたのではないでしょうか。


感謝はもらうものではなく、
もらうことを期待するものでもなく、
自分から周りに示すことで相手を豊かにし、
そのときに初めて自分の喜びになり、
自分の人生が豊かになるような気がします。

ちょっと長くなってすみません。
読んでいただいてありがとうございました。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Shinji

Author:Shinji
聴き方アドバイザー。なかなか自分のことを話す機会がない人たちの話を聴いていると、ある人は涙を流し、ある人は怒りだし、でも、最後にはしばらくだまって、本当の自分を受け入れだす人をみて感激します。人は皆、それぞれの小さな物語を持っていて、自分の存在意義を、人のことも自分のこともよく聴くことで気づくんだと感じています。企業で20年以上、様々な研修や人材開発に携わってます。人を育てることは、自分自身を育てることと同義だとつくづく感じております。私のつたない経験が、これから人を育成する方々に、そして、少しずつでも自分自身を受け入れながら、勇気を持って自分の人生を歩んでいきたいと思っている方々の人生に、少しでもたしになればこんなに嬉しいことは無いと思っています。薬剤師。TMA公認カウンセラー。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロマガ購読者向けメールフォーム
メルマガ始めました!
メルマガ登録・解除
「聴き方」が人生を変える!ちょっとEお話
 
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。